絵画は価値が分かりづらい

絵画の価値は様々な要因によって決められます。買取は必ず専門の鑑定士がいるところに依頼しましょう。

絵画の査定は特殊

絵画の価値は有名作家か無名作家かによって大きく異ります。誰が描いたのか判断に難しい絵画も非常に多いため、プロの鑑定士の目が必要なのです。

どの時代描かれたものか

無名作家でも価値が低いとは限らない

無名の作家によるものでも、描かれた年代や技法によって価値がある可能性もあります。

版画なども価値がある

刷られた版画でも、元の絵画の値段や刷られた枚数によっては価値がでるものもあります。木板か石版かでも値段が違います。

贋作に注意

絵画には贋作がつきものです。サインなどがあったとしても本人の作品ではない可能性があります。

模倣品として出回っていたものが本物の場合も

絵画の鑑定は非常に難しいため、模倣品として比較的安価で手に入れたものが、本人が描いた価値のあるものであったという可能性もありあます。

絵画の価値を決める重要ポイントランキング

no.1

有名な作家が描いたものか

絵画においては誰が描いたものかということが一番重要です。同じ時代の同じ画風でも、作者によって価値は全く違うものになります。

no.2

古い絵であるか

古い絵画であれば、文化的な側面から価値が上がります。

no.3

量産品でないか

一点ものとして描かれたものか、量産品としていくつか出回っているものかという事は価値に直結します。

no.4

流行りのテーマであること

無名作家のものでも、現在の美術界で流行りの画風やテーマであれば相場よりも価値が上がります。

no.5

連作の場合は全て揃うこと

一人の作者が一つのテーマにそって幾つか作品を書いた場合は、全て揃っているとより価値が上がります。

手軽にはじめられる美術品

貯金箱

もう飾ることのない絵画

ご自宅にもう飾ることのない絵画は眠っていないでしょうか。昔高い金額で購入したが、飾るスペースがなくなってしまったり、他の絵を購入して今はただ倉庫に保管してあるという絵をなるべく高く売ってみましょう。

絵画買取専門の業者に依頼する

絵画はひとつひとつ状態が違うものなので、一般的な相場だけでなく保存状態なども大きく値段に影響します。絵画の状態も含めてしっかりと鑑定してくれる専門の鑑定士がいる業者に依頼しましょう。

絵画のお手入れ

年間を通して適度な気温、湿度が保てる場所に保管してください。また、定期的に外気に触れさせること、も重要です。

複数の業者に鑑定を依頼しよう

鑑定は必ず複数の業者に依頼し、一番高い金額で買い取ってくれる業者を選びましょう。

美術品の価値は安定している

美術品は急に同じような作品がたくさん見つかるといったことが少ないので価値の上下が少なく、焦って売買するといった必要がないのも魅力です。

広告募集中