馴染みがあるもの以外にも美術品と呼ばれるものはたくさんある

専門性が高い美術品

アンティーク

普通の自宅ではあまり見かけないような物でも

一般的に馴染みがなくても、美術品として取引されている物はたくさんあります。どんな物があるか知っておきましょう。

広く出回っていない分価値が高い

日本古来の民芸品や武具などは、あまり数が出回っていない分価値が高いです。

美術品に携わるなら

美術品に興味があるならば、幅広ジャンルを知っておいた方が良いでしょう。思わぬ掘り出し物を見つけることが出来るかもしれません。

専門性の高い美術品ランキング

no.1

鎧や兜

鎧や兜などの武具は、国内外問わず非常に人気が高いですが、元から持っていたという人はなかなかいないのではないでしょうか。場所が必要で、保存方法が特殊な物でもあります。適切な業者に見てもらえば、高い値段がつく可能性が高いです。

no.2

日本刀

日本刀も一般家庭では馴染みがあまりないと思います。しっかりとした状態の物はかなりの価値が出ます。

no.3

書画

書画も保存状態や年代によって非常に価値が高いです。有名な作者の物で無くてもいい値段で買取してくれる可能性があります。

no.4

鬼瓦

鬼瓦とは、日本古来の建築物の端にある鬼の形をした瓦です。瓦は割れてしまうことが多いので、古いものが残っていることは稀です。

no.5

珊瑚

珊瑚を加工した装飾品は、珊瑚の種類や作られた年代によっては価値がでます。骨董品店などで探してみましょう。

美術品の価値は安定している

美術品は急に同じような作品がたくさん見つかるといったことが少ないので価値の上下が少なく、焦って売買するといった必要がないのも魅力です。

広告募集中